忍者ブログ
瀧田イサム様のエロベースを追いかけて日本中を東奔西走。ライブが無いと死んじまうー。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今日は忘年会。
大学の身内8人で騒いで飲んで乾杯は計26回(飲み放題2時間の間に)。
暴れ過ぎたので1次会でみな、強制帰還。
バウム教授にはまだまだ及ばない。
あ〜タバコ臭ぇ〜。ファブどこやったかな。。。

では、酔っぱらったまま、レポ最終回を。


【11日夜、大ラス】
席は1階S席後ろのほう。

・衣装は昼と同じジャケット&ジーンズにTシャツは黒っぽい地に白抜きの蝶。

・オープニング「楽しく盛り上がっていきましょう!」

・今回、歌は3曲目。森田くんに呼ばれて登場。
成田「いやいやいや。『森田セイイチ』くん!」
森田「えっと『成田進一』です!」
成田「『進一』〜!」
森田のしていたマフラーが暑いでしょう、と成田。客席に投げる真似の森田。成田のジャケットもどうですか?となり。
成田「この衣装は、今回限りだから」
また、森田の曲のノリの良さを羨む成田。しかし「DESTINY」は、
成田「森田くんの曲、『ドンドンドンドンッ』って(←うらやましいらしい)でも、今回非常にクールな気分なんですよ。クールに。醒めている。冷たい。」
森田「みなさん、判りましたか?『ドンドンドンドンッ』ってやってやってくださいね」
森田が捌けた後、
成田「(いきなりかなり良い声)やっと…2人きりになれたね」
成田「最後になってしまったけれど、家帰ってCD聴いてくれよ」

・「DESTINY〜残響は止まない〜」曲中、2番サビ『おまえに 会うためにきっと』が『会いたくて』と言いかけて珍しく歌詞が飛ぶ。
その後の間奏で、「あぁ、今日は緊張するわほんとに」と照れる。(かっ…可愛い…っ)

・曲の終わりで投げキス。(も、もうダメ…、堕)

・曲後、歌詞ミスで照れているのか、言い訳のような照れ隠しのようなことをボソボソと言う。
で、次の森川を呼ぶ。
成田「紹介します…モリモリ(←まだ照れてる)」
森川登場。
森川「やー。カッコイイ。引き込まれますね。成田さんて、(イベント)デヴュ−が、衝撃的だったので(笑)こういうしっとりバラードが満を持して。カッコ良いよね!」
成田「嬉しいよ」
森川「これカラオケ入ったら僕歌いますよ!」
成田「モリモリもカッコイイじゃん」
森川「僕ちなみに、『夏の嵐』(『TEMPEST〜夏の嵐〜』)とか好きですね」

・ミニドラマ(アリオス&エルンスト)
(前注;昼にやったドラマではルヴァ、ランディ、ゼフェルが聖天使を癒す為の音楽会をするにあたって、ルヴァが指導するもと、ランディとゼフェルのどちらがギターを担当するか、というやり合いがありました。手本で弾いたルヴァの曲(ルヴァのテーマ)があまりにもゆったり子守唄状態で、2人は眠りこんでしまい、そのまま終わりました)
10日夜のドラマをちょっと変えてます。
見比べてくださいね〜(笑)↓

エル「アリオス、聖天使のための音楽会の話は聞きましたか?」
アリ「あぁ、聴いてるぜ。ギターはゼフェルかランディが担当するらしいが、とんでもねぇ腕前らしいな」
エル「ええ、それを指導しているルヴァも、かなりのものらしいですね」
アリ「で、俺たちのパートはこいつってわけだ」ここでBRのBass瀧田イサムがワンフレーズをかき鳴らす。
エル「はい。エレクトリックベースギターですね」
アリ「触れば音はなるんだから、どうにかなるだろ」またまたベースを鳴らす。ここのフレーズがエルンストの「QUESSTION」のベースリフ。
森川「Q!(ポーズ付き)」
エル「待ってください!」
アリ「なんだぁ!?」
エル「楽器の特性を理解していない状態で弾き始めるのは得策ではありません」
アリ「面倒くせえなぁ」
エル「付け焼き刃にはなりますが、まずこの資料に一通り目を通してください」
アリ「とっとと終わらせてくれ」
エル「はい。『第一章…ベースの演奏の前提』」
ベースはああだこうだとエルンストが講釈を延々と垂れる。
キレたアリオス(声裏返ってる)「演奏以前の問題だろう!!」
しかし、構わずエルンストは延々と。
と。そのエルンストの長口上の間に成田はマイクから離れて瀧田のもとへ。なにやらベースを弾く真似や、耳打ちや、身振りや会話を一通りしだす。
エル「アリオス?(成田がいないことに気付いて振り向く森川)…(笑)アリオス!」
アリ「おう、終わったか(←なんか機嫌が良い)」ここでもベース音。
エル「ベースは、まだ奥が深いようです…」と、まだまだ続くエルンスト。
アリ「(怒りのベース音)おいもう帰るぜ!!」
エル「(ブツブツブツブツ…)」
アリ「いい加減怒るぜ!?後ろの人(瀧田氏)も!」
ここで、瀧田が張り出し舞台の前まで出てきて即興で速弾きベースソロを披露。(「これを弾いてるアリオスを想像するとカッコイイ!」とナチア嬢。確かに…!)瀧田はそのままソデに捌ける。
エル「あの、アリオス。怒って帰ったというより、気持ち良さそうに帰ったようですが。……(本筋に戻る)あぁ、わかりました!」
成田が台本をペラペラ(←読んでるとこを見失った)
エル「5ページです!!!」
成田、本筋発見。
アリ「…おおっ、やっと終わったか!」
エル「これでは資料が少なすぎると言う事実が分かりました」
アリ「練習は始めなくていいのか?」
納得がいってからでないと練習できないというエルンストにアリオスは必要なものは手に入れてきてやる、と告げる。
エル「えっ(嬉しそう)本当ですか?(半笑)」
アリ「いや。…ああ、納得いってから始めたほうがいいんだろ。何がいるんだ?」と、エルンストは膨大な資料のタイトルを羅列。
アリ「おいおいおいおい!もう、やめだっ。あばよっ」
成田は捌ける。また延々と森川が喋っている。
エル「…『月刊ベース』、『週間ベース』、『日刊ベース』…アリオス?聴いてますか?……ちょっと、待ってください!」
森川も捌けて終わり。


・と、ここで触れたまま放置していたランディのスペシャルメッセージをご紹介(笑)
デートに誘う文句がおバカ過ぎる。絶対この誘い文句はオスカーの入れ知恵。
新年のパーティーの準備をしている2人。準備が終わって、会場に急ごうとする聖天使を呼び止めるランディ「ちょっと待って!」
「えっと、ほんとのこと言うとさ、2人っきりで新年を祝いたいと思って…パーティのあと…君を予約してもいいかな」

オスカーは恐らく「君の身体を予約してもいいかな」と教えたのに、ランディはそこまで言う勇気はなかった、と(笑)
これ初日に聴いた時、「ランディ、ヒワイだ」と大爆笑しました。
ランディファンのみなさん、スミマセン;


・「ぼくたちのアニバーサリー」成田パート同じです。
ジングルツリーの音で始まり、ほんとに優しいクリスマスの音色に染まったアレンジが素敵です。

・アンコール。同じ。「みんな愛してるぜ」
BR、飯塚さんの挨拶がありました。

・エンディング挨拶。
「ワタシワ…」といきなりエセ中国語で話だす成田。
神奈「通訳付けてください!」
成田「みんなのすごい暖かい声援とか優しさがすごく伝わってきました」「イベントに帰るまでがイベントです。今、変な事件とか多いですから」「ほんとにありがとうございました」

・セカンドアンコールがありました。


[終わり]


あ〜、やっと酒抜けてきた…。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[瀧田さん出演ライブ]
--2010.3.15up--

5/3
GRANRODEO
「5TH ANNIVERSARY LIVE AT 武道館~G5 ROCK★SHOW~」
  @日本武道館



5/30
「2HEARTS ワンマンライブ」
  @品川ステラボール


6/28
「栗林みな実 ワンマンライブ」
  @SHIBUYA-AX


8/28
「Animelo Summer Live 2010 -evolution-」
┗GRANRODEO・栗林みな実
@さいたまスーパーアリーナ
[プロフィール]
HN:
k◎H@
性別:
女性
自己紹介:
瀧田イサム様(B)をはじめ、
飯塚昌明様(Gt)、長谷川浩二様(Dr)、
西川貴教様(Vo)、川勝陽一様(Pef)、
渋谷郁央様(B)、柴崎浩様(Gt)、
桜井直様(Gt)、岩田"ガンタ"康彦様(Dr)、かどしゅんたろう様(Dr)、
二井原実様(Vo)、鈴木修様(Gt)etc...
を追っかけてるライブジャンキー。

洋楽は好きなのあり過ぎて書ききれません。。。

Twilog

more profile

blogram投票ボタン


なかのひと



 






[配信中]
ライブレポートはPodcastでグダグダ配信中。

2010年3月1日、21回目更新。

[カウンタ]
[携帯版ブログ]
[MEMO]
2009/12/24 update

GRANRODEO楽曲参加ミュージシャン

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]